無料エロ漫画にじちゃんねる

ロリエロ好きにはたまらない!ネットで無料エロ漫画、エロコミック、同人誌、エロマンガを読むならにじちゃんねる。

浮気

b072bkrbk00028-niji (2)
妹と僕の恋 [作家:ブランシェア] [出版社:キリブックス]
白く染めて17枚
近親相姦エロ漫画17枚
姉の結婚が決まって不機嫌な弟。本当はめでたいのになにかすっきりしない。
そう姉が大好きな弟の嫉妬で犯してしまう。
姉の彼氏の浮気現場をみて逆上した弟が姉レイプ。

【姉の婚約者が浮気してたから姉をレイプしたとかイミフな弟www】の続きを読む

b072akrbk00292-niji (1)
肉林!艶汁ハウス [作家:つくしの真琴] [出版社:キリブックス]
寝取られエロ漫画21枚 彼女の先輩でめちゃ可愛いOLさんと実は寝取られてます・・・
彼女の友達とか先輩とか知り合い紹介されたらエッチせずにはいられないソレが男ってもんです。だって彼女より可愛いし巨乳だしおまんこの締まりだって最高なんだもん。

【社内恋愛は楽しいなぁーキレイな先輩OLと会社でハフハフ】の続きを読む

少女のしたたり01
3角関係か二股かけられた男たちがブチ切れで二人で犯す。
さぁーどっちのおちんちんがいいんだ。どっちも選べない。
いつまでもこのゆるい関係を続けたい。3Pもいいみたい。
おんなってエロすぎる
お互いセフレでOKってことで。。。


【二股かけたギャルが我慢できない二人から犯されるwwww】の続きを読む

b072akrbk00177-niji (4)
微熱ユートピア [作家:佐藤茶菓子] [出版社:キリブックス]
寝取られエロ漫画16枚
彼氏の浮気相手が姉でした・・・これはショック。ってか彼氏が彼女のためにセックステクを磨こうと出会い系で相手募集してたら彼女の姉が来たってなんかお互いショックだよね。
彼女の姉妹だったら気が付かねーか普通。おまんこの締り具合とか匂いとか、顔とか腋汗のかんじとかフェラのしぐさとかまんこの形とか色とか。このまんこどっかで見た記憶がとかないか・・・
しかし彼氏のセックスがいきなり上手くなったらヤバイで注意せよ。

【彼氏が急にセックスうまくなったんだけど?】の続きを読む

01牝犬女の躾け方 養護教諭まどか先生の調教日誌2
こんなド変態エロ教師いやだ・・・いややらせてくれるならいいか。しかし彼女にしたらしらないおっさんのちんこしゃぶってアナル調教されて開発もされてお古になったのは嫌。 【犯されたい淫乱女子教師がエロ過ぎる恥ずかしすぎる】の続きを読む

b072bkrbk00070-niji (1)
夫以外と初めての挿入 [作家:TAKUMI] [出版社:キリブックス]
人妻寝取られエロ漫画10枚
<収録作品> 不倫引越便/TAKUMI
孤島の貸し竿屋/TAKUMI
罠にはまる女/こがいの
AYANO with ERIKA/つくしの真琴
鳴けない雌犬/ブランシェア
ソウシツ/唄飛鳥
腕時計/黒杉晋作
若き奥様の悩み/深紫’72
挑発する若妻/尾山泰永
なんちゃってDEアイドル/あまの・よ〜き

旦那の浮気写真見つけてブチ切れた嫁が引越し業者と寝取られプレイ。バキュームフェラで業者の度肝を抜く!!プロ並みのフェラチオテクに理性ぶっ飛び不倫しちゃう。

【旦那が若い女とハメ撮りしている写真にブチ切れて浮気する嫁wwww】の続きを読む

b800fsbk02802-niji (17)
人妻・不倫痴獄 [作家:角雨和八] [出版社:松文館]
人妻寝取られエロ漫画20枚
部下の妻を寝取る上司。部下の嫁がまた綺麗でいいかんじに熟れてるから我慢できない?シュチュエーションでは上司の嫁の方がドキドキしてそそるんだけどな~
会社では罵声浴びせてくる上司、でもなお前がいない時おれはお前の嫁をヒーヒー言わせてるんだぞ的な・・・
冴えない嫁がいきなり色っぽくなったら危険信号です!!!

【旦那の上司と浮気して色っぽくなった嫁wwww】の続きを読む

若妻ほんとに好きなの01
タクシーの運転手にラブホテル行ってくれって言える?
さすがおっさん恥ずかしいもなんもねーわ。そらー電車で平気で鼻糞ほじってエロ本よめるよな。

【タクシーの運ちゃんに「ここから一番近いラブホ」って言ってみた。】の続きを読む

01異端の快楽(下)
携帯・スマホの普及で絶滅していたとおもっていたダイヤルQ2に伝言ダイヤル。
身元バレはさけたいと伝言ダイヤル地道に男あさりする人妻たち。
スマホや携帯の出会い、冷やかしが多いのだが意外と成約率がたかい伝言ダイヤルがおすすめなんだとか・・・
人妻だってエッチしたい、旦那のやるきなしセックスじゃイクの無理なんだもの。
刺激が欲しいんです。by虹の母

【人妻だってエッチしたい時代遅れの伝言ダイヤルで男あさりがやめららない。】の続きを読む

このページのトップヘ