無料エロ漫画にじちゃんねる

ロリエロ好きにはたまらない!ネットで無料エロ漫画、エロコミック、同人誌、エロマンガを読むならにじちゃんねる。

睡眠薬

01美少女リエちゃんのすったもんだ
少女レイプエロ漫画20枚 (作家:内山亜紀 ) (出版社:久保書店 )
可愛い女子を睡眠薬で眠らせたあとはどうするの。お尻丸出し生パンティーみたらもうとまらないよね。
【大好きな小を睡眠薬で眠らせた後のお楽しみは・・・ムハァーーーー】の続きを読む

b064bcmcm00171-niji (4)
露出で夢ごこち [作家:すえひろがり 末広雅里] [出版社:コアマガジン]
媚薬でキメセクエロ漫画 「いなかにとまろう!」
勘違いって怖すぎるw人違いで拉致された美少女が村人たちに輪姦される。媚薬盛られて薬打たれて泥酔酩酊状態で処女喪失。記憶もぶっ飛びヤられ放題。
知らないってステキ。記憶にないからなかったことになってるけど彼氏ができてエッチしたときに・・・

【人違いで犯されて輪姦されて処女喪失wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

b360bkubo00626-nijo (3)
生乳パラダイス [作家:沙藤昌] [出版社:久保書店]
巨乳エロ漫画31枚
スマンとゴメン
相思相愛な3人がそれぞれとった行動が笑う。振られるの今の関係が壊れるのが怖くて告白出来ない3人が睡眠薬を盛ってお互いに犯しちゃう。

【睡眠薬入れて犯したと思ったら犯されていましたよっと。お互い様でしたw】の続きを読む

b064_acmcm00009-niok (1)
I FEEL [作家:巴天舞] [出版社:コアマガジン]
テニスサークル美少女処女レイプエロ漫画19枚
憧れの先輩の高飛車な鼻をへし折るために勝負で勝手なんでも言うこと一つ聞いてもらいますよ。
先輩の最高の屈辱は振った相手と私の目の前で処女喪失セックスですよ。
まんこがダメならアナルでどうです。先日フッタ男にアナル処女を奪われて、まさかこれで終わるわけないよね・・・処女まで無残に破かれろ!!!!!
【試合に負けたら即処女喪失の鬼畜テニサーwwwwwwww】の続きを読む

d_115882jp-niji (3)
夏休みにテニスを習いにきたテニス女子な姪っ子を眠らせてやりたい放題! [作家:るまん堂]
テニス部女子あるある同人誌
一度はエッチしてみたいのがテニス部の可愛い女子。アンスコを捲って後ろからズッコンバッコンしてみたい。
風にひらひら舞うミニスカにモロ見えになるアンスコ。
フリフリとか可愛いのはいているソフトテニス部の女子たまらん。ユニフォーム着たままの汗だくセックスしてみたい。できれば真夏の青空のもとテニスコートで青姦。

【夏休みにテニスを習いにきたテニス女子な姪っ子を眠らせてやりたい放題!】の続きを読む


鬼畜恋愛 21 [作家:ピクピクン] [出版社:グループ・ゼロ]
近親相姦エロマンガ25枚
こんな処女喪失は絶対に嫌だ。兄がド変態。日曜日の朝おまんこが濡れているとおもったらそういうことでしたw
衝撃の事実に妹ショック?でもなさそう嬉しそう。
睡眠薬飲まされて知らない間にセックスされてた。変態兄貴が妹レイプ日記つけててた。


淫靡邸の美少女 [作家:椋陽児] [出版社:グループ・ゼロ]
睡眠薬エロマンガ25枚
これは酷い、酷すぎる金持ちオヤジの性癖エロマンガ
本当にありそうで怖すぎる。優しい顔して近寄ってカワイイ女子を騙して睡眠薬で眠らせてエッチな行為を写真でパシャリ。格安旅行モニターとかでハメどり動画売ってた鬼畜いたよな・・・
知らない間にネットでハメどり売られている恐怖。油断したら終わりだなポイズンw

d_083345jp-nijiniji (1)
巨乳JKを脅迫して中出しふぁっく三昧 [サークル名:HELLTER SKELTER]
援交JK睡眠姦エロ漫画
女子校生を援助交際で釣って睡眠薬で眠らせてあとはハメ撮りでも恥ずかしい写真や動画撮りまくりエロネタで脅してヤり放題なエロ漫画

【援交で釣るす→クスリで眠らす→脅す→犯す】の続きを読む

d_078471jp-nijichan (1)
眠ったお母さんをヤリたい放題! [作家:夏目ベンケイ]
近親相姦エロ漫画 クスリで眠った母親に欲情する息子、ダメってわかっていてもついついキッスしておっぱいをそしておまんこを舐めまわしてついには挿入してしまう。
母親が目が冷めても止められない生まれてきた穴に戻る息子の精子たっぷり中出しされて・・・

【眠ったお母さんをヤリたい放題!お母さんに中出ししたらダメだよね!?】の続きを読む


姉妹飼育調教 [作家:さかぐちしずか SHIZUKA] [出版社:松文館]
家庭教師強姦エロ漫画17枚 可愛い家庭教師にクスリ盛って眠らせて縛り上げてレイプ!!強気な女を無理やるヤっちゃう快感。

このページのトップヘ